永遠の幸せを願うサムシングブルー

トップ.jpg

花嫁が結婚式の日に身につけると生涯幸せな結婚生活を送ることができると語り続けられているヨーロッパのおまじない”Something Four(サムシングフォー)”。

その中のひとつに”Something Blue(サムシングブルー)”(何か青いもの)があります。

幸せを呼ぶ色、花嫁の清らかさと誠実な愛情の象徴であるBlue(ブルー)。さりげなく、そして洗練された”Something Blue(サムシングブルー)”を身につけるアイデアをご紹介します。



フラワーコーディネートに”Something Blue(サムシングブルー)”を

1.jpg

「幸福な愛」「信じあう心」が花言葉のブルースター。ミルキーブルーの小花を花嫁の手元のブーケやテーブルコーディネート装花に散りばめて、大切なゲストにも幸せのおすそわけを。

 

運命のウエディングシューズを”Something Blue(サムシングブルー)”に

2.jpg

「いい靴はステキなところへ連れて行ってくれる」とも言われるシューズ。新たな人生のスタートを踏み出す”ウエディングシューズ”こそ至極の一足を選ぶ方も多いのでは。

ビビットブルーやパステルブルーなど、ドレスのラインやイメージに合わせてウエディングシューズを選ぶのもおすすめです。ドレスの裾からさりげなく見えるブルーが洗練された花嫁を演出します。

 

目元にも幸せの色をしのばせて

3.jpg

ナチュラルなメイクになりがちですが、スタイリッシュなカラーメイクでワンランク上の花嫁に。目の際を濃ブルーのアイシャドウとアイラインで引き締めて。視線を落とすたびにちらりと見えるクリアなブルーがあらゆるシーンもドラマティックなブライズルックを叶えます。

 

Something Blue(サムシングブルー)”は様々。あなたはどんな”Something Blue(サムシングブルー)”のアイテムを身につけますか?

新しい人生のはじまりを、あなたらしく楽しんでください。