LIVING WITH FLOWERS【10月編】

2017年10月担当分-01.jpg

夏の暑さも和らぎ、秋の匂いが感じられる気持ちの良い風が感じられる季節になりました。ウエディングやパーティなどの特別な場だけでなく、もっと気取らずに普段の生活に花を取り入れると、お部屋の雰囲気も変わり、日常に彩りを添え、心を豊かにしてくれます。今回はこの時期に手に入れやすい花で、インテリア性の高い3種類をご紹介します。

 

 

WAX FLOWER ワックスフラワー

2017年10月担当分-02.jpg

ワックスフラワーはフトモモ科の常緑低木。学名 Chamelauciumuncinatum。花弁がロウ細工の様な質感であることから「ワックスフラワー」と呼ばれています。花言葉は「繊細」「はにかみ」「可愛らしさ」。花束で花瓶に挿しても、壁掛けにしても楽しんで頂けます。また、リースやスワッグの材料としてもおすすめです。

 

COCKS COMB ケイトウ

2017年10月担当分-03.jpg

ケイトウはヒユ科の一年生植物。夏から秋にかけ、赤・桃色・黄色などの花穂ができ、その形状がニワトリの鶏冠(とさか)に似ていることからこの名がつきました。花言葉は「おしゃれ」「個性」。個性的なフォルムなので、アレンジメントのアクセントにおすすめです。

 

STATICE スターチス

2017年10月担当分-04.jpg

スターチスはイソマツ科の一年草または多年草。ピンクや白、紫などの色をした、小さな花を茎の先にたくさん咲かせます。花言葉は「変わらぬ心」「永遠に変わらない」。ドライになっても全く色褪せないので、色違いを束ねてドライフラワーのスワッグにしても素敵です。

 

花は生活する上で必ずしも必要なものではありませんが、花が側にあれば心が和み、気持ちを豊かにさせてくれます。気取らず普段の暮らしに少しの花を取り入れて、より生活に潤いを与えてみてはいかがでしょうか。