四季の彩りと伝統美が光る「岐阜モノリス」 来春グランドオープン!

外観2(昼).jpg

四季の彩りと伝統美が叶える 寛ぎと祝福の空間

2018年春、岐阜県岐阜市に、「岐阜モノリス」がオープンします。

長良川や飛騨山脈などに見る豊かな自然だけでなく、白川郷や美濃焼・和紙など、永く伝承される美しい文化に恵まれた岐阜。この土地でしか叶えられない特別なおもてなしの1日を叶える、唯一無二の空間として誕生します。自然と伝統文化がモダン建築に美しくとけ込むスタイリッシュな空間は、県内外から熱い注目を浴びています。

今回は完成が待ち遠しい岐阜モノリスを紹介いたします。

 

LOUNGE

ラウンジ(昼).jpg

エントランス入ってすぐ、受付を済ませた後に広がるのはモダンデザインに高級感が薫るラウンジ。

おふたりで館内を貸し切ってゲストのおもてなしが出来るめ、他の席のゲストを気にせずゆっくりとお寛ぎいただけます。ウェルカムドリンクを片手に、庭園を眺めながら想い出話に花が咲く寛ぎの空間です。

 

CHAPEL

チャペル(昼).jpg

四季の美景がふたりを包む 水上に浮かぶチャペル

まるで水上に浮かぶように作られたガラスの壁で覆われた開放的なチャペル。
緩やかな曲線を描く天井屋根は世界遺産でもある白川郷合掌造りからインスピレーションを得た印象的なデザインです。

たっぷりと降り注ぐ太陽の光と前方の庭園の美景がおふたりの誓いを祝福します。

 

BANQUET

バンケット(昼).jpg

自然と文化の恩恵につつまれる おもてなしの美空間

会場に入った途端に目に飛び込むのは、高さ7mもの大きな窓から陽光が降り注ぐ明るいパーティ会場。新郎新婦の背景を日本庭園が彩り、頭上には美濃和紙をモチーフにしたたおやかな照明が輝きます。

オープンキッチンから出来たてのお料理をゲストにお届けし、巨大スクリーンや大階段を使用しての入退場など、驚きと感動に包まれながらもゲストとの心の距離を大切に出来るおもてなしの美空間です。

 

 

ゲストに非日常の寛ぎをもたらす 上質な和モダン空間

ウエディングの1日は、何年先までも新郎新婦はもちろんゲストの心に刻まれる特別な想い出。

豊かな自然と、その自然を楽しむように育まれてきた数々の伝統文化が岐阜という土地で永く愛されるように、おふたりの新たな門出となるウエディングの想い出も永く心に輝き続けるようにと願いを込められた岐阜モノリス。みなさまにお越しいただける日を楽しみにしております。


 

INFORMATION

岐阜モノリス

〒502-0932 岐阜県岐阜市則武中4-2-2

【電車】
JR東海道本線岐阜駅北口より車12分
岐阜バス 岐阜大学病院・御望野行き 則武下車 徒歩2分

【お車】
東海北陸自動車道関ICより車30分

 

岐阜モノリス オープン準備室

〒500-8847 岐阜県岐阜市金宝町2-4 CASA SENTIDO 2F
【電車】JR岐阜駅北口より徒歩8分・名鉄岐阜駅より徒歩6分
e-mail p-gifu@novarese.co.jp
平日12:00-20:00 土日祝10:00-20:00(火・水曜日定休) 

HP http://produce.novarese.jp/gifu-monolith/

 

開業準備室にて随時ご相談会承っております。

お写真や映像などをご覧いただきながら、ウエディング当日のおふたりやゲストの皆様の過ごし方をご紹介・ご提案致します。お気軽にお問い合わせください。