特別な人へ、香りと言葉を添えた花を

shutterstock_590954219.jpg

一年を通して楽しむことができるバラ。ちょうどこの時期、初夏に一番の見ごろを迎えます。花言葉はその色によって変わりますが、どのバラも「愛」と「美」という花言葉を共通して持っています。世界各地の神話では、愛と美を象徴する女神と結び付けられることが多く、昔から人々を魅了し続けるバラ。今回は6月の誕生花のひとつ、バラの種類をいくつかご紹介します。

 

 

Avalanche アバランチェ

アバランチェ.jpg

花びらが密に重なり合う大輪の一輪咲きのアバランチェシェ。オランダ皇太子の結婚式で初めて装飾に使われて以来、大輪系白バラの代表となっています。白いバラの花言葉は「深い尊敬」と「純潔」。凛とした美しさと、花持ちの良さで幅広いシーンで活躍します。

パートナーとの永遠を誓う挙式のシーンでは、まさに「純潔」の意味を持ち凛としたたたずまいのアバランチェだけを使ったブーケやヘッドパーツを身にまとうのも素敵ですね。

ブーケ.jpg

 

 

Samurai サムライ

サムライ.jpg

参照:http://www.rosegallery-l.com/user_data/variety_red.php

映画「美女と野獣」に出てくるような、光沢ある深紅色のバラ「サムライ」。剣弁高芯咲きという立体的な花弁の重なりが凛としたエレガントさを醸します「愛情」・「情熱」・「あなたを愛しています」などの花言葉を持つ赤いバラは、高級感をもち人気の高いバラのひとつです。

サムライだけを束ねたドラマティックなブーケを贈るのは少し気が引ける…という場合には、色のトーンを合わせて複数の花を束ねたブーケを贈ってみてはいかがでしょうか。

サムライブーケ.jpg

 

 

Caramel Antike キャラメルアンティーク

キャラメルアンティーク.jpg参照:http://www.floraljapan.co.jp/flower_file/2014/10/post-636.html

丸弁でカップ状に咲き、開花につれて花の中央が4つに分かれたような開き方になるアンティーク調の魅力的なバラ「キャラメルアンティーク」。香りが良く棘が少なめで扱いやすいため、部屋に飾るアレンジメントとしても楽しめます。

2.jpg

キャラメルアンティークの花言葉は「愛らしい」・「新鮮」・「満足」・「誇り」。バラは恋人だけでなく大切な友人や家族への気持ちを表す贈りものとしてもオススメです

甘美な香りと、愛情に満ちた花言葉を併せ持つバラ。

普段はなかなか口に出せない感謝の気持ちや愛情を、その香りや花言葉に託して、贈ってみてはいかがでしょうか。